QWRCのブログ

Queer & Women's Resource Center 

LGBTなどのセクシュアルマイノリティと女性のための
リソースセンター「QWRC」のブログです。

カテゴリ: 講座報告

8月28日、豊中市教職員組合の 研修で、セクシュアリティに関する講座を開いてきました。

90分の時間の中に、たくさんの内容を詰め込んだ講座になりましたが、熱心に参加され、Q&Aも加熱して、ちょっとだけ時間オーバーしてしまいましたが、みなさん、最後まで参加されました。

それぞれの学校の中で、セクシュアリティの問題に取り組む必要があると考える先生は、まだまだマイノリティだとのことでしたが、参加者のみなさまが、少しずつ学校の中の意識を変えていっていただけることを願って、講座を終えました。
 

8月21日(金)に、大阪都島ライオンズクラブの例会に呼ばれました。

セクシュアルマイノリティやセクシュアリティに関する基礎と、日本の企業の取り組みの実例を30分という短い時間の中で、 紹介させていただきました。
30分の駆け足ミニミニ講座で、どこまでご理解いただけたのかなぁ、と不安でしたが、会員さんの反応から、(中にはとまどいの声も聞こえましたが、そのような反応も含め)充分な手応えのある講座になりました。 

IMG_20150821_122930
IMG_20150821_122926
 

昨日、日本列島を台風が直撃して、豪雨の中を突っ切って、教職員の人権研修のための講座を開きに、大阪府立茨木高校に行ってまいりました。

講座報告:2015年7月17日 14:00〜15:30 茨木高校
ファシリテーター:いのもと
コ・ファシリテーター:かやちゃん
参加者:教職員・5〜60人

プログラム
1.挨拶・語彙の説明
2.個人ワーク「お守りづくり」
3.スケールライン
4.性別二元論の話
5.個人ワーク「性の4つの指標」
6.グループワーク「わたしはゲイじゃない」
7.個人ワーク「ご褒美づくり」
8.まとめ
9.Q&A

「ワークショップ形式は慣れていないので〜〜〜」と担当の先生は心配されていましたが、しっかり参加していただいて、とても、活発なワークになりました。
Q&Aも、時間をオーバーする盛り上がり。
また、控室に帰ってからも複数の先生方が、次々に質問に来られました。
まさに、 昨今、セクシュアリティの人権に関心が集まっていることを改めて実感する1日でした。

図書室や保健室に、関連書籍を入れたいとの希望も述べられていました。
先生方の熱意により、茨木高校が、セクシュアリティにオープンな場になっていくことを願ってます。

↑このページのトップヘ