QWRCのブログ

Queer & Women's Resource Center 

LGBTなどのセクシュアルマイノリティと女性のための
リソースセンター「QWRC」のブログです。

2005年08月

○●LGBTIと家族●○

昨年に引き続き、QWRC主催の連続講座を開催いたします。
LGBTIなどさまざまな性と性別を生きる人々と家族との
関係を考える講座です。ぜひご参加ください。

◆1.「孤立する10代」~10代の多様なセクシュアリティと家族の関わり
 10月29日(土) 10:00-13:00
 進行役:ステファン
[HIVと人権・情報センター、いくの学園他相談員]
 場所:ドーンセンター、中会議室 http://www.dawncenter.or.jp/top/index.jsp

◆2.「LGBTIの家族に対するアプローチ」
 10月29日(土) 13:45-16:45
 進行役:J
[ユースサポーター、ESTO(性は人権ネットワーク)役員、心理カウンセラー]
 場所:ドーンセンター、中会議室

◆3.「多様な家族のつながりに向けて」~1,2回をふまえて参加者で意見交換
 10月30日(日) 13:00-16:00
 進行役:ステファン
 場所:大阪NPOプラザ、会議室D http://www.onp.or.jp/

【参加費】 全3回 3000円
    * 1回のみの参加は、各1200円
*参加費は当日、お支払いください)
*原則として3回連続でご参加ください。
      ご都合のつかない方は、お申し出ください
*3回目のみの参加はご遠慮いただいています

【申込方法】予約が必要です。
       申込必要事項を記入の上FAXかメールでお送りください
【申込事項】
・参加講座希望回
・参加動機、講座に求めるもの
・この講座を知ったきっかけ
・お名前(連絡のつくお名前で)
・連絡先(e-mail FAXなど)

【定員】 25名
【対象者】 このテーマを自分自身の問題、もしくは身近な問題として捉えているかた

【申込締切】 10月15日(土)必着
【参加受理】 参加者には案内状を送ります

【主催・問い合わせ】
QWRC(くぉーく) 〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-7-408
FAX:06-6374-0488 e-mail:info@qwrc.org

本講座は、財団法人大阪府人権協会の助成による、
2005年度男女共同参画地域社会づくり支援事業
『「わたし」らしく地域で生きる応援講座』を受けています

(スタッフ らぎ)

昨夜は、QWRCナイトでした。
盛り上がった話題は、フードバンク。直訳すると、食料銀行?

日本のボランティア活動などではまだなじみのない言葉ですが、
アメリカのNPOに関する本を読むと、時々、登場してきますね。

スーパーなどが、賞味期限の近いものや切れたもの、
売り物にならない野菜・果物等を廃棄するのではなく、
それをボランティア活動に提供するというシステム、
またはそれに関わっているグループなどのことを言うようです。

日本でも、もっとスーパーなどの協力が得られて、
ホームレスの人たちへの炊き出しや、
シェルターなどの施設で利用できたらいいね…
そんな話で盛り上がったのですが、
環境や健康についてあまり考慮されていない食材を
最終的にフードバンクに利用することで、
免罪というか、いいことのように言われているのは
とっても複雑…という話が出てきました。

確かになー。むずかしいはなしです。
でもフードバンクという仕組みがもっと広まることによって、
経済システムの一端に変化を起こすことは可能かも?
そんな風にも考えました。

QWRCナイトやデーでは、セクシュアリティだけでなく、
環境や福祉、さまざまな活動に関する話も登場して、
なかなか刺激的です。
(しかも堅苦しくなく、気楽な感じで、のんびり茶を飲みつつ…)

みなさまも、ぜひ一度お越しください。
次回は、QWRCデー、8月21日(日)13:30~17:30です。

(スタッフ ゆやま)

↑このページのトップヘ